2005年02月28日

人体の不思議展

まぢすごかったよ!

今日は銀座に用事があったんですよ。
んで突発的に行ってきました。
「人体の不思議展」
いまだに気持ちが曇り気味なんですけど、気を取り直していろんなことしようって思ったもので。
今日が最終日だったんですよ。
んで行ってみたら思ったより混んでなかったので見てきました。
私十年位前に多分見てるんですよ。
上野の博物館で。
その時のお客さんって医療関係っぽいおじ様しかいなかった気がするなぁ。
それにお客さんも少なかった気がする。
でも今回はカップルが多くてちょっとびっくらこきました。
この「人体の不思議展」なんですが展示物(展示人?展示臓器?)が全て本物の人体とのことです。
特殊な加工で蝋細工みたいになってます。
んで展示してある人体ですが、本物ということもあってか全て顔というか表情というか、違いました。
前に医者を目指してる人に聞いたことがあるんだけど、献体する方っていろいろ事情がある方が結構いらっしゃるみたいです。
お金が結構もらえるらしいですよ。
それを聞いていたのでちょっと複雑な気持ちで見てました。
もちろん体の構造なんかも気になるし、映画とかの作り物ともまた違うので興味津々で見てましたけど、どうしても顔に目がいってしまうのよね。
「この人は生前どんな生活を送っていたのかしら?」とか思いながら。
だって顔の皮とかベローンって剥けてるんだけど、もう亡くなっている人なんだけど、ちゃんと表情があるんだもん。
前回見た時は本物の人体ってことは知らなかったのでアッケラカーンと見てたんですけど、今回はもうちょっと引き締まった気持ちで見てきました。
ちゃんと忘れないようにしなきゃね。
あとね見てて気づいたのが人体のほとんどが男性でした。
女性の人体は少なかったです。
献体は男性の方が多いのかしらね?
あとは子供の人体もありました。
子供っていっても胎児ですけど。
やっぱりあれも本物の人体なのよね?
なんか悲しいとかじゃなくてもっと大切な気持ちで見なきゃって思いました。
安らかな顔に私は見えたんだけど…。
どうなんだろう?
本当のところはわからないや。
三ヶ月目の胎児から十ヶ月目の胎児までがガラスケースに入って展示されてました。
すごく真っ白だったよ。
三ヶ月目でもちゃんと人の形してた。
その後二、三ヶ月もするとまつげも産毛も髪の毛もちゃんとあった。
なにが言いたいのか、なにが書きたいか、よくわからないけどなんかすごく大切な物を見てきたと思います。
今回は一人で見に行ってきました。
それはそれで良かったかな。
結構お客さんが多くてゆっくりは見れなかったけど一人ということでのんびり見てきました。
写真はチケットとチラシとお土産。
お土産は輪切りにされた人体の「全身の連続水平断」のポストカードと血管に樹脂を流し込んで血管だけを取り出した「全身の血管鋳型標本」のポストカード。
それに手の平サイズの人体フイギュア「全身標本・縦方向開き」です。
ちなみにキーホルダーです。
東京は今日が最終日でしたけど、次は大阪の方とかも行くみたいね。
またこっちでやったら見に行きたいな。



★☆今日のネイル☆★

結構手抜きなんで記事にはしないけど、紫のパールタイプのマニキュアに白と金と銀のお花です。
指一本にひとつずつラインストーンを置いてます。
仕事で怒られなきゃいいなぁ。

お花にラインストーンですよ♪
posted by カメ at 00:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。