2006年02月27日

メモ

お久しぶりの映画の話。
感想が残っているので、せっかくだしアップしてみました。
覚え書きです。
映画を見てはチマチマやってました。
これ書いてて思ったけどやっぱりメモでもなんでも感想とかを形にして残しておくと忘れないですね。
多分↓この他にも映画見てると思うんですけどなかなか思い出せないです。



*********************************

2005年に観た映画

スパイダーマン2(もうこれは面白くなくてもイイ!実写版スパイダーマンが拝めれば良いのです。イヤ、面白かったけどね(笑)キルスティン・ダンストのナイスボデーにノックアウトでした。あの人エロい体してるよね。)

茶の味(不思議映画。でも人の頭の中って案外こんな感じかも。和み系でホッとする映画。我修院達也がイイ味だしてました。)

ソウ(作りこまれたストーリーに脱帽。映像も全体的に黒っぽくて好き。ちょこっとグロで見ていて痛いシーンもあります。)

スゥイングガールズ(青春!!これは確かに楽器が始めたくなります。一生思春期一生青春!!)

SURVIVE STYLE5(衣装とかセット?とか素敵でした。内容も面白い!ってか濃い!オサレ映画って感じ。出演者も豪華だし濃い!ブラピ主演のスナッチに出てたヴィニージョーンズがでてます。この人と荒川良々の組み合わせが笑えた。)

ヴィレッジ(赤ずきんちゃんとかのちょっと怖い童話みたいな感じ。ラストはえっ〜!?って感じでやっぱりシャマラン監督って感じの映画でした。実はグラディエーター見てからホアキンフェニックス好きっす♪)

スチームボーイ(映像が凄い!!さすが大友克洋!!とうなってしまったよ。またAKIRAが見たくなりました。年はとっても冒険はしていたいなぁと思う映画。手に汗握ります。)

アンダーワールド(吸血鬼VS狼人間!!ヴァンヘルシングでは吸血鬼と戦ってたケイトベッキンセールが今度は吸血鬼になってます(笑)これもアメコミとかかなぁ?ゴシックな要素にアクションが加わって個人的に好きな感じ。)

東京ゴッドファーザーズ(なんか温かいっす。3人のホームレスが赤ちゃんを拾って…ってお話。やっぱり日本のアニメは凄いやね。これ見て同じ監督の映画も見てみようと思ってパーフェクトブルーを借りてきたんだけど内容が重すぎて一気に凹んだ(笑)でもストーリーもアニメも完成度は高くて凄かったです。)

誰も知らない(実際に起こった事件がモチーフになっている映画です。映画を見ていて思ったのが、こんな境遇でも子ども達は無邪気なんですよね。それが切なくて、泣けませんでした。むしろ泣くことさえおこがましく感じてしまいました。実際に起きたことは映画の何倍も何十倍も壮絶だったんだろうなと思うと軽々しく感想なんて書けないです。でも知った方がいいと思うから見てほしい映画。)

ターミナル(祖国でクーデターが起きて事実上国がなくなっちゃった!パスポートも無効で入国もダメで帰国もダメ。んでターミナルからも出られない。ってお話。よく考えるよね、こんな話(笑)こったストーリーとトムハンクスの演技でやっぱり大作ものは退屈しないやねぇ〜と思いました。でもラストでは思わずガッツポーズしてしまった(笑))

エイプリルの七面鳥(トムクルーズの奥様ケイティーホームズが可愛いかった♪不器用ながらも頑張ってる姿を見てるとついつい応援したくなって、キュンとしてしまいました。)

チャッキーの花嫁(これは見ようと思ってた訳じゃないんだけどついつい見てしまいました。もうね、ここまでくるとネタですよ(笑)ストーリーはチャッキーにお嫁さんができます。んであとはグッシャーって感じで血がドッバーって感じです。ここまで見ちゃったので続きのチャッキーの種も見ようと思います。あっちなみにチャッキーのHシーンまでありました(爆)もちろん人形同士ですが。)

インアメリカ三つの小さな願い事(アイルランドからニューヨークへとやってきた移民の家族のお話。もっと暗く重くなりそうな感じのお話ですが、このお話に出てくるキャラクターはみんな芯が強くて、優しくて温かいんですよ。本当ならもっと泣けるお話にできたかもしれないのにあえて悲しみや辛さを静かに表現してる感じが好感もてました。)

シカゴ(これを見ようと思った理由。レニーゼルウィガーが好きだから。衣装とかメイクとかが好きな感じだから。んで見てみた感想。イヤ〜女って凄い!女って怖い!でもなんか好きっす。女万歳!!こういう映画見ると女に生まれてきて良かったって思う(笑))

シークレットウィンドウ(登場人物の性格が作りこまれてて面白かった。ストーリーはわりと横道なミステリーって感じでしょうか?ってかジョニーデップやっぱり格好良い!)

バッドマンビギンズ(アメコミが好きなのと28日後に出てるキリアンマーフィーが好きなんです。結構役者さんが役にピッタリなじんでる感じがして良かったです。ゴードン刑事役のゲイリーオールドマンもバッドマン役のクリスチャンベールも好き。アメコミの映画だけどそんなに派手派手な感じじゃなかったのにも好感もてました。バッドモービルに乗せて下さい。)

エクソシスト1・2(もう何度も見てますがまた見てみました。エクソシストはアメリカのホラー映画にしては全体的に静かにストーリーが流れてく感じが好きです(そうでもないか?)あの曲を聴くとイヤでも気持ちがエクソシストになりますわな。でもね続編つまらなかった…。最初のは完成度高いのにね。なんかもったいない。)

ぼのぼのクモモの木のこと(ぼのぼの大好きー!!しかも映画だとフルCGでぼのぼのもしまりすちゃんも毛がフッサフッサなのー!私もあの世界の住人になりたいよ。テレビや漫画とは違ってかなり号泣な映画なのでぃす。友達っていいね♪)

ラスムス君の幸せ探し(ロッタちゃんとか長くつ下のピッピとかのシリーズと同じ人の作品です。孤児の男の子が里親を探すお話。どこの国かと思ってたらスウェーデンでした。んでね、このラスムス君が凄い素敵な男の子なのよ!なんつーか目が凄く魅力的な子でした。あったか〜いお話♪)

カンフーハッスル(テヘヘ、少林サッカーが思ったより面白くてこれも見ちゃいました。日本の漫画に影響を受けてるだけあって漫画そのもの(笑)登場人物も個性的すぎて楽しかったよ。登場人物が個性的すぎて誰が良かったとか言えません!みんな良かった!)

ブリジットジョーンズの日記「きれそうな私の12ヶ月」(前作を見てたのでなんとなく見ちゃいました。レニーゼルウィガーがこの映画の為に体重を10キロ位増やしたってのがすごいよね。感想は前作よりちょいお下品に感じました。でもやっぱり可愛らしくて憎めない。うなづくところもあり、笑いもあり、おどろきもありって感じ。恋愛物はちょっと苦手だけどラブコメなら見れるんだよね〜。レニーゼルウィガー可愛いなぁ♪)

ネバーランド(相変わらずですが、これもジョニーデップが出てるので見ちゃいました(笑)だけど子役のフレディハイモアにやられた!チャーリーとチョコレート工場のチャーリー役もやってる子です。演技が凄い!感動して泣いちゃいました。ピーターパンの初日が良かった。)

キューブ(これまた結構ぶっとんだストーリーで楽しめましたです。個人的に好きです。でもあの部屋のシステムを一生懸命考えてたら頭がキューってなっちゃいました。怖いけどキューブの中に入ってみたいね。)

マッハ!!(これはなんとなく見てみたんだけど面白かったよ。ってか凄い!スタント無し!CG無し!生のアクションがあんなに凄いと思わなかった。格闘技とかちょっと好きなんだけど、映画よりはそっちに近い感じ。怪我や事故も多かったみたいね。人間の体の可能性を見せつけられました。興奮するよ!)

ティムバートンのコープスブライト(ティムバートンとジョニーデップのゴールデンコンビ!ナイトメアビフォアクリスマスより映像が綺麗になってて見やすく感じました。映像の綺麗さにため息、んでストーリーにキュンとしてみたりハラハラしてみたり、ティムバートンの才能に驚いてみたりで極上のファンタジーでした。バートン節炸裂って感じ。やっぱり好き♪)

福耳(グループ魂がちょっと気になって、どんな人達なのかなぁ?と思って見てみました。魂のギターの宮藤官九朗さんが出てます。ストーリーは宮藤官九朗さん扮するフリーターの青年が老人ホームで働くんだけど田中邦衛さん扮するおじいちゃんの幽霊にとりつかれて…ってお話。幽霊だけど怖いお話ではないです。温かいお話。笑えるところもあるし、気持ちが温かくなるところもあって良かったです。でも一番良かったのは映画に出てくるおじいちゃんおばあちゃん達がとっても元気なんですよ〜。それが見ていて嬉しかったです。俳優さん達も素敵な人ばかり出てました。)

ガーゴイル(結構グロかも。ベティブルーのベアトリスダルとバッファロー66のヴィンセントギャロです。最初は結構静かな感じで物語りは流れてくんだけど、あのシーンを見たら一気に硬直してしまったよ。人は食べちゃいけないよ。イヤ、噛み殺しただけか。でもホラーではないです。ベアトリスダルのあの強烈な目が忘れられないです。)

案山子男(もうアホかと…バカかと…。わかって見てる私が一番アホかもしれません(爆)でもついついこういうの見ちゃいます。ホラーです。)

モンスター(心が痛くてつらい映画でした。レイプのシーンは本当につらかった。でもそのシーンをつらくする必要性がわかるだけに頑張ってみちゃいました。ちなみにこのお話のもとになったアイリーンウォーノスは2002年に死刑が執行されました。)

真夜中の弥次さん喜多さん(こんなに映画見て爆笑したのは初めてです。原作はしりあがり寿さんです。笑いすぎてお腹と顔が痛くなるよ。でもやっぱり笑うのって楽しいし幸せ。)

ロード・トゥ・パーティション(珍しくトムハンクスがマフィアの役やってます。なんか日本の昔のヤクザ映画みたいで良かったです。人情と親子愛って感じ。俳優さん達も素敵な人ばかりでしたよ。子役の男の子が良かった。ジュードロウがキレてる殺し屋の役なんだけどそれも良かった。ポールニューマンは当たり前だけどやっぱり存在感が違うなぁと思いました。)

レディ・キラーズ(またまたトムハンクスです。コミカルな感じ。これまた個性的な役の人が多いです。家主のおばちゃんが良かったなぁ。肝っ玉かあちゃんって感じ。そうそうタバコを口の中にパクってやっちゃうおじさんがいるんだけどうちのお兄ちゃんもあれできるよ。ちゃんと教訓というか悪いことしちゃいけません!って教えのある映画。)

ハウルの動く城(宮崎アニメにしては珍しくラブストーリーです。いかにもって感じのラブストーリーではないけど。宮崎アニメの女の子はみんな強いよね。でも女性のしなやかさもあって素敵です。でもワクワクドキドキする部分もちゃんと残ってて楽しかった。私もあのお城に住みたい!あっ吹き替えでフランス語で見ると良かったです。英語はねぇ、ハウルの声をバッドマンビギンズのクリスチャンベールがやってるんですよ。カッコいいけどちょっと渋すぎるかなぁ。)

*********************************

覚えているだけでもこんくらいかなぁ(sweechyに記録しているものは除いて)
多分他にもまだ観てると思うんだよね。
結構観たなぁ。
映画が好きな人はもっと観てるんだよね。
ブランチのリリコ姉さんとか一年で700本位見るっていってたもんねぇ。
すごいです。
映画は中学生位から好きだったんだけど一人暮らしを始めてからさらに観る本数が増えた気がするなぁ。
昔、赤塚不二男さんが漫画家になりたくて手塚治虫さんのところを訪ねたそうです。
その際手塚治虫さんは赤塚不二男さんに「漫画家になるにはどうしたらいいですか?」と質問されてこう答えたそうです。
「良い本をいっぱい読んで、良い音楽をいっぱい聴いて、良い映画をいっぱい見ること」って言ったそうです。
その話をなにかで読んだときにすごく納得したんですよね。
私は漫画家になりたいわけじゃないけどこの話をしってからたくさん映画や本や漫画を見るようになったのです。
話は変りますが実はホラーも好きなんですよ(笑)
ホラーってB級でもカルトでもそこそこ楽しめるから好きですよ。
アルバトロスって配給会社さんがお気にいりです。
2005年に観た案山子男もそこからでてます。
女子高生チェーンソーとか大脳分裂とか出してる会社さんです。
個人的にチアリーダー忍者が気になってます。
ホラーだからむやみやたらとオススメはしないですけど。
なんつーかおバカとエロ(笑)
嫌いじゃないです。

posted by カメ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。