2004年12月16日

sweechy!映画祭り@

結局sweechy!映画祭りします!とか言って4日位経ってしまいました。。。
ほらっ!!師走だしね!!いろいろとねっ!!
…。。。
まぁいっか(爆)それじゃ元気良くいってみよ〜!
まずはねぇ〜…。

【CASSHERN】

映画館で2回も観たのにまたもや借りてきてしまいました。
DVD買っちゃおうかな〜。
出演者もかなり豪華だよね!
キャシャーン・東鉄也役に伊勢谷友介、上月ルナ役に麻生久美子、東鉄也のお父さん東博士役に寺尾聡、お母さん役に樋口可南子、敵のブライキングボス役に唐沢寿明、アクボーンに宮迫博之、サグレーに佐田真由美、バラシン役に要潤…うぁ〜もう沢山いすぎて書ききれないよ(涙)
他にもミッチーとか大滝秀治とか三橋達也とかもうもうすごいですよ!
私の個人的な好みとしては上条中佐役の西島秀俊が好きです♪(誰も聞いてないよね…スミマセン)
衣装とか映画の世界観とか全てひっくるめて大好きです!
衣装もそうなんですけど映画の中にでてくる建物や内装もとても素敵でした。
ちょっとゴスはいってる感じでね、あの重厚感が好きです。
私はアニメは観ていないのでキャシャーンがどういう感じのものなのかはわからないのですが、ストーリーは結構重かったです。
もとがアニメということもありもう少し軽く観れるものを想像していたのですがきちんとメッセージが込められた作品だなと感じました。
実写だけどアクションシーンも凝っているし、映画の中の世界観も徹底的に作り上げられているので圧倒です。
物語の方は監督さんも語っているのですが「やられたから、やり返す」という「憎しみの連鎖」ブライキングボスや登場人物の劇中の台詞には胸が詰まる想いです。
この世の中にはまだ戦争や人種差別、意味もなく人が死んでいき、虐げられている現状がある。
映画といっても同じような過酷な現状が世界にはまだあるんだと思うと素直に映画の良さにひたれませんでした。
私はというと内藤薫役のミッチーが観ていて辛かったな。
劇中で上条中佐が政府の幹部を日本刀で切り、反乱を起こすシーンがあって内藤薫がそれを見ていて笑っているんだけど、
そのシーンと映画の後半の方で内藤薫が下層階級の人間だとわかるシーンのギャップがなんだか悲しいような、寂しいような、つらかったです。
久しぶりに私の中で日本映画の大ヒット!!
もちろん日本の映画も良い映画は沢山あるけど、衣装や映画の世界観がかなり私好みでした♪
でも衣装や世界観にこだわっているのにストーリーも申し分なくてお腹いっぱいです!

さて恒例のコスプレするなら誰がいい?のコーナー!(恒例なのか?)

今回は…迷うな。。。
この映画はね本当に衣装が素敵なのばかりなのよ!
男性も女性も!
ん〜サグレーかルナかな?(おこがましくてスミマセン…)
サグレーは戦闘シーンが素敵だったし、ルナは太股まである編み上げのブーツがスッゴイかわいかった!!
まぁ似合うか似合わないかは別ですけどね。
でも東鉄也(キャシャーン)が棺に入っている時の全身真っ黒の格好も良かったし。
上条中佐も内藤薫の衣装も良かった。
うぅーん決められないよ!!
実はルナの髪型が可愛くて真似してみた恥ずかしい過去があったりして…。
posted by カメ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1318165

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。