2005年01月27日

ドイツの子供は大丈夫なのだろうか?

今日はイキナリslowlorisのライブ。
たまたまお休みをいうこともあってスーチャイと早めに落ち合いお茶飲んだりキディランドなんぞに行ってみたりしました。
そこでなにを買うわけでもなく店内を練り歩いていたのですがさすがになに買うかなと思い、お菓子なんぞ買ってみました。

このヤロー!!

この見るからに身体に悪そうな色合い。
一応右が綿あめらしい(まだ食べてない)んで左がグミキャンディらしい…。
グミは食べたんだけど、もうねあり得ないくらいマズイ!!

一応食べ物

写真じゃわかりずらいけどパッケージの男の子が乗ってる自転車のタイヤと、グミがまるで一緒だよー。
そんでもって味もゴムだし、においもまるでゴムだよー!
しかもパッケージの裏を見てみると【原産国ドイツ】って書いてある。
ドイツの子供はこういうお菓子食べてるの?
大丈夫なの?
そりゃパッと見た感じ面白いけど、味とかにおいとかそこまで徹底して本物に似せなくてもいいと思うんだけど…。
しかも綿あめの方もパッケージの裏を見てみたらこんなことが書いてある。
【表のデザインと中身が異なります。中身はピンクとブルーの2種類のわた菓子のアソートです。】
紛らわしいんじゃー!!
はぁー無駄使いしちゃったよ。。。
ぶふぅー。




posted by カメ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1740001

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。