2004年08月21日

旅記録〜旅館〜

き○こう壮という旅館に泊まりました。
実は旅行に行くことが決まったのが出発の一週間前で、宿がとれるか不安だったのですがなんとかとれました。
でもなにぶん急だったので下調べもろくにせず、雑誌で見て判断しただけで電話予約をいれてしまったので少々不安だったのですが…。

予感は的中しました。。。

那須に着いてとりあえず宿の場所だけ確認しておこうと思い、観光に出る前に旅館まで向かったのですが旅館が見つからない!
しばらくして山の中にたたずむ古い旅館(民宿?)を発見しました。

きん○う壮でした…。

なにも言葉はでませんでした。。。
でもでも…ご飯は美味しいかもしれないし。
でもでも…お風呂は立派かもしれないし。

初日の観光を終えて旅館に戻り旅館の中に入ってみて冷や汗…。

でもでもご飯は美味しいかもしれないし。
でもでもお風呂は立派かもしれないし。

部屋まで通されて唖然。。。

冷蔵庫ない。。。
エアコンない。。。
テレビは小銭を入れるやつ。。。
泣きそうになりました。。。
あれ?部屋にトイレが無い。。。
トイレは共同でした。。。

そうだ!!

お風呂を見に行かなきゃ!!
お風呂はまぁまぁ普通でした。
でも貸切露天風呂があるとのことで期待していったのですが、それは貸切露天風呂ではなく、普通の内湯の窓を全部開け放つと露天風呂になるだけの話で、内湯と別に露天風呂があるわけではありませんでした。。。
しかも今は夏休み真っ最中!
貸切には出来ませんでした。。。
ていうか本物の温泉かどうか自体ちょっと怪しかったです。
でも温泉という表示は無かったしな〜。。。
別に詐欺ではないか。

旅館はいいとして、ちょっと「じゃ○ん」には騙された気分です。
食事は期待するのをやめたのでまぁまぁそれなりでした。
あっ!でも部屋で食事はとれます。
最近は人件費削減の為に部屋で食事がとれるところは結構すくないみたいだからここはいいところかな。
でもお客さん結構はいってたな〜。
食事を終えてお風呂に入りました。
先客がいて、その人と話しているとどうやらこの人も「じゃ○ん」に騙されたようで苦笑いしていました。

「いや〜びっくりしましたねハハハ。」

「じゃ○ん」のおかげで旅先で知らない人とコミュニケーションがとれました。
まぁ、でも慣れるとそんなに居心地悪くないです。
私の環境適応能力の方が凄いのかも。。。
要するに図太いってことだね。
まぁ、これはこれで楽しめましたってことにしておきましょう。
posted by カメ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/472404

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。